好奇心を蔑ろにしてはいけない

「涙」のことを特別に思っている人って、いっぱいいるのかな。今までしてきた経験や思い込みとかが、「パスタ」と結びついちゃうことって、確かにありうる話だよね。

騒がしく話すあの子と紅葉の山

梅雨もようやく明け、今日蝉が鳴いているのを聞いて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と思った。
夏休みが始まる前の日曜の午前中、少年は縁側に座ってアイスクリームを食べていた。
軒下では風鈴がときおりチリリンと音を立てた。
朝から日が強く、日光が少年の座った足を焦がしていた。
少年は元気に半ズボンだった。
ほっぺたを伝って汗が流れ、アイスクリームもとろけてきた。
少年は、近所にある市民プールのプール開きを待ち焦がれていた。

気分良く体操する兄さんと読みかけの本
何年か前、はたちの時、同級生と3人で飛行機で釜山に観光に行った。
初の海外旅行で、ホテルにちょっとだけ宿泊だった。
繁華街をたくさん見て、楽しんでいたけれど、しだいに道に迷った。
日本語はもちろん理解されないし、韓国語も全然通じない。
すると、韓国人のサラリーマンが上手な日本語で道を教えてくれた。
今より若いころに福岡に滞在して日本語の学習をしたとのこと。
おかげさまで、無事、良い韓国見物をすることが可能になった。
最終日、タクシー乗り場で道を案内してくれたその人に偶然ばったり会った。
「来てくれてありがとう」と言ってくれたので、一同ここが大好きになった。
いつも予定を合わせて韓国観光が計画されている。

雨が降る日曜の晩はひっそりと

久しぶりの地方への出張の当日、初めて仕事でお世話になったAさんは、体の大きな方だ。
初めて会った時以降クールで、業務以外のお話はちょっとだけしかしたことがなかった。
その際、ふとAさんの半袖になったうでをみて衝撃を受けた!
一つ一つが大きなパワーストーンブレスレットいくつもつけられていたため。
思わず、天然石興味があるんですね!と言ってしまったほど。
そしたらAさんは得意げに、想像とはうらはらに子供っぽい表情で、それぞれの天然石の由来語ってくれた。

どしゃ降りの日曜の深夜に歩いてみる
太宰の「斜陽」は、休みなく読みやすいと思う。
かつては旧華族の御嬢さんだったかず子が、誰にも負けない女になっていく。
読んでいて素敵だと思わずにいられなかった自分。
この女性のように、誰にも負けない気の強さと、固い我が戦争が終わったこの頃は必要だったのかもしれない。
しかし、不倫相手の小説家の妻からしたらウザいだろうとも思える。

悲しそうに踊る子供と暑い日差し

切り絵やフォトなど芸術観賞が好きだし、絵も得意だと思うけれど、ものすごく写真が下手だ。
それでも、過去に一人前に、レフを大切にしていた時もあり、どこに行くにも持ち歩いたりした。
あまりにも視点が合わないし、芸術のかけらもないアングルなので、カメラがあきれているようだった。
そう思ったけれど、カメラや写真の加工はどう考えても、かっこいいと思った!

汗をたらして泳ぐ先生と夕立
購入した縫物用の布で、園に9月から通うひとり娘の必要な袋を縫わなくてはならない。
というか妻が裁縫するんだけれども、しかし、私も裁縫が嫌いではないので、手間取っているようだったら役割分担をしてやってみようと考えている。
ボールや靴を入れるものが園に通い始めるためには必須のようだ。
ミシンもようやく配達された。
使った感じもみてみようと考えている。

控え目に走る弟と気の抜けたコーラ

少し前、体調が良くない上に、偏食と、眠りの内容が良くなかったので、シミが増した。
マズいと考え、生活リズムを意識し、健康に役立つ事をやろうと周りの意見を聞いた。
大いに推進されたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
いまだに毎朝飲むことにしている。
あのレモンよりもCが豊かに入っているらしい。
ヘルシーと美肌は何と言っても食事から作りだされるのかもしれない。

雨が上がった平日の夜明けは散歩を
しかもお客様は、ほとんどが日本人という状態だったので、その光景にびっくりした。
店の中の列は、だいたい買い物目的の日本人という様子だったのでその光景にびっくりした。
実は、韓国の化粧品は肌が若返る成分が多く含まれているとか。
もちろん、コスメにも惹かれるけれど店の人の日本語能力にも凄いと思った。
ちょっとだけなのかもしれないが、日本語が充分に通じる。
私は、簡単な英語を使おうと行った韓国だけど、必要ないくらいに。
ネイティブと話すことによって、しっかり学べば外国語をマスターできるということを知ることができた旅行だった。

目を閉じて熱弁する妹と季節はずれの雪

[確実にこうで当たり前だ!」など、自身の価値観だけで人を判断するのは悪い事ではない。
だけど、世間には個性と言うものが人の周辺にまとわりついてくる。
その辺を知ると自信を持つのは良いけれど、あまり否定するのはどうなんだろう?と思う。
まあ、これも一つの意見でしかないんだけれど。
生活しにくい世の中になるかもしれない。

勢いで踊る先生と履きつぶした靴
昔凄く肥えていた時代に、毎回欠かせなかったのが、ハニートーストだ。
ピークの時は、夕食の終わりに4枚くらい食べていた記憶もある。
さらに同じ時期に、マッシュポテトに取りつかれてしまいデブの世界へワープだったあの頃の自分。
トライした痩せる方法が変わったものばかりだ。
最初は、スープダイエット。
これは2週間程おんなじスープしか口にしない食事だ。
外出先にも水筒に作って持って行ったという徹底さ。
それに断念して、葱を夜ごはんに置き換えるという痩身法。
さすがに、今はできない。
その後、1年ほどかけて食事を気にするようになると、気が付くと元に戻った。
なんでもコツコツとするのが一番。

Copyright (c) 2015 好奇心を蔑ろにしてはいけない All rights reserved.

メニュー