好奇心を蔑ろにしてはいけない

例えば、地球を初めて見る宇宙人に「トマトジュース」のことを説明するとしたら、どんなふうに説明する?「サイクロン」の目立つ特徴とか、ううん、まずは地球ののことから説明するのかもしれない。

湿気の多い水曜の晩に料理を

人のほとんどは水だという調査もあるので、水分は人間の基盤です。
水の補給を欠かさず、皆が健康的で楽しい夏を満喫したいものです。
きらめく光の中から蝉の鳴き声が耳に入るとこの頃、普段そこまで外出しないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策に関してマメな方が多いかもしれません。
暑い時期の肌のお手入れは秋に表れるといいますので、やっぱり気にしてしまう所かもしれません。
やはり、誰もが気になっているのが水分摂取についてです。
もちろん、普段から水の飲みすぎは、良いとは言えないものの暑い時期は例外かもしれません。
どうしてかというと、多く汗を出して、知らず知らずの間に体から水分が出ていくからです。
外に出るときの自身の体調も関係することでしょう。
もしかすると、自分で気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
暑いときの水分補給は、次の瞬間の体調に出るといっても過言ではないかもしれません。
少しだけ歩く時も、小さなものでかまわないので、水筒があるととても経済的です。
人のほとんどは水だという調査もあるので、水分は人間の基盤です。
水の補給を欠かさず、皆が健康的で楽しい夏を満喫したいものです。

一生懸命叫ぶあの人と穴のあいた靴下
頼まれて、山の竹の除去を手伝っていたが、モウソウダケがたいそうぎゅうぎゅうに生えていて厳しかった。
竹林の持ち主が山の管理を親から受け継いだら、モウソウダケがひしめいていて、手入れのしようがなかったそうだ。
私は、業務で活用する新しい竹が欲しかったので、いただけるとなり、ちょうど良かったが、道もない山から運び出すのもひどかった。

息もつかさず踊るあの子と霧

飲み会などのお酒のお供に、そこそこ体に良い食材を!と考えている。
しばらくのお気に入りだったのは、焼いた葱。
それ以前はサバ。
で、近頃は、ウナギだけれど、少々高めなのであきらめた。
先日新たなおつまみを考案した。
買い物に行けば80円くらいのエリンギ。
小さく切って、マーガリンで炒めて、みりんと塩コショウを適量使用し味付た物。
じゅうぶんお金はリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

怒ってダンスするあの人と読みかけの本
真夏に、那覇へ働きに向かった。
この辺りは非常にあつい!
綿のカットソーの上に、背広。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、上着のジャケットは大変なことに。
宿泊先にについて、仕方なくLUSHの石鹸で綺麗にした。
翌日そのジャケットは桃のいい匂いがした。
ジャケットがボロくなあるのではないかと気になったけれど、何があっても洗いたいと思っていた。

のめり込んで吠えるあいつと紅葉の山

知佳子はAさんが大好きなようだ。
Aさんも知佳子を大切にしている。
彼が出張が決まると、知佳子もついて行くし、この前は私も一晩だけ同伴させてもらった。
Aさんも知佳子も私の事を同じ名前で呼びかけるし、どの店で飲んで、どの交通手段を使おうか、とか、一番に、私に聞いてくれる。
なんとなく目をかけてくれているような感じがしてかなり居心地が良いと思った。

騒がしく吠える姉ちゃんとわたし
ショップ店員さんって私には無理・・・など思うのは自分だけだろうか。
毎日、職業柄しっかりお洒落をしないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、出張で働くときはスーツを着るといいし、メイクも簡単でそれでよし。
遊びに行くときは、自分でお気に入りの格好をすればいいし、在宅で仕事するときはスウェットでも問題ない。
だから、きっと、服を売るなんて商売には、就けない。
ショップに入ると店員さんが話しかけてきてファッションポイントやコーディネイトを教えてくれる。
毎回それに怖くなり、買わないで逃げ出してしまう。
これも、店員さんって務まらなさそうと思う大きい理由の一つだ。

無我夢中でダンスする彼と紅葉の山

今日の体育はポートボールだった。
少年は、ポートボールが苦手なので、不満げに運動着を着ていた。
今日はきっと、運動神経のいいケンイチ君の活躍が目だつはずだ。
今日はおそらく、運動神経のいいケンイチ君ばかり注目を集めることになるだろう。
だとしたら、少年が思いを寄せている、フーコちゃんは、ケンイチ君が活躍するところを見るなるのだろう。
少年はフーコちゃんをチラチラ見ながら、運動場へ向かった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなくて、少年のことを何度もチラチラ見てたのを、少年は気付かなかった。

のめり込んで吠える先生と冷めた夕飯
理由があって必要性のある太い竹をたくさんもらえるようになって、ありがたいのだが、しかし、歩けないほど多い竹がいやで積極的に持っていってほしがっている竹の持ち主は、私たちの必要量よりモウソウダケを持って帰らせようとしてくるので大変だ。
そこらじゅういての竹を運んで帰っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、大きな竹が邪魔で邪魔でしょうがないらしく、運んで行ってくれと強くせがまれる。
こちらサイドもいるものをもらっているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

風の強い平日の晩に窓から

ちょっとした出張で、日光市へ向かうことが凄く多かった。
北関東に位置する日光市は栃木県にあり、内陸県で、多くの山々に囲まれている。
そのことから、冬になると雪が積もり、除雪車やチェーンなど必須である。
秋のシーズンには、と東北道を使い、2泊3日で、帰ってきてからまた2泊3日という生活スタイルがとにかく多く、旅行誌などで日光の様子が紹介されると思い出に浸ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は見てほしい所だ。
少し述べさせてもらうと、ツーリストたちのメインはやはり東照宮。
江戸を治めた徳川家康の眠る場所で、境内の厳かな様子に驚くことだろう。
あと、高い山の上方に位置する日光湯元温泉。
硫黄泉らしく、濁っていて、熱めの温泉。
この温泉につかると、冷え症が完治すると思う。
日光東照宮が建てられたときには、日光湯元温泉を目指して多くの湯治客が集まったそうだ。
様子が思い浮かべられる歴史のある日光市。
温泉の紹介も一緒に雑誌などに紹介されている栃木の日光に、行きたいと考える。

雨が降る週末の早朝に冷酒を
水滸伝の北方版の人間味あふれていて雄々しい作中人物が、原作の水滸伝の108人になぞらえて、目立った登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側の登場キャラクターも人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
登場人物に実際の人の様なもろさが見えるのも加えて、われを忘れるほどはまっていた理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか将来の為に極力チャレンジしているのが精読していてはまる。
精読していておもしろい。
ところが、ひきつけられる人物が悲しい目にあったり、希望がなくなっていくストーリーも胸にひびくものがあるから熱中する物語だ。

お役立ちリンク、関連リンク


マンスリーの引越料金を安く
マンスリーへの引越しで、一番安い引越し会社さんはどこ?安く引っ越しする最善の方法は、無料見積で費用比較することから。
借金返済の相談を女性が対応してくれる弁護士・司法書士へ
借金の返済のこと、司法書士や弁護士へ無料相談してみてはいかがでしょう?女性対応の事務所も活用してみてください。
Copyright (c) 2015 好奇心を蔑ろにしてはいけない All rights reserved.

メニュー